「元気を吸い取られる会議」から卒業する。
研修と同じで、会議の場では、お金は一円も生まれません。
お金が生まれるかもしれないきっかけができるだけです。
だとしたら、明日の仕事が加速するような会議でなければ、意味がありません。
いけないのは、上司が現状把握と説教に終始して、部下が元気をなくして会議室から出てくることです。

では、各々の元気を出す責任は誰にあるのでしょうか。

研修で、全員参加型の会議を体験した後、元気が出た理由を聞いてみました。
Q:「明日の元気につながったのは、何でしたか」
「『今月の達成は、君が頑張ってくれたからだ』と、部長が褒めてくれたことです」
「Iさんから、新商品を進めるときに使える情報をもらったことです」
「いま暗礁に乗り上げた問題について、皆がアイデアを出してくれたことです」

「傍聴者」として出席していた姿勢から、「参加者」として意見を求め、自分もアイデアを出す姿勢に変わったことで、得られた収穫でした。

第一歩は、「明日の元気に繋がることを発信・受信する場にする」と決めることですね。


素美子
[PR]
by asconti | 2013-10-28 23:21 | ヒットの講座。
<< 見えないものを、見せる音色。 「やはり」は「はやり病」? >>


伊藤素美子
by asconti
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新の記事
Driving Miss D..
at 2015-09-28 23:30
ありがたいお知らせ。
at 2015-09-27 23:30
幸せの黄色いハンカチ。
at 2015-09-16 23:30
繊細なのに、たくましい。
at 2015-09-15 23:30
身につくグランドルール。
at 2015-09-14 23:30
記事ランキング
カテゴリ
全体
元気が出る会議。
心に刺さるプレゼン。
成長のための「禁句」。
伝わるストーリー。
見習いたいひと。
成長の種。
訊く力。
ステキな雑談。
胸キュンサービス
from 映画・読書
しあわせの値段
恥ずかしい自分。
一日一驚
今日の挑戦。
ただいま減量中。
今日も「上機嫌」。
海外でのひとコマ。
シンプルライフ
ヒットの講座。
素美子塾・研修より。
中谷塾
つれづれに
以前の記事
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
その他のジャンル