さすが老舗。熨斗紙 11円。
昨日、友人の結婚のお祝いの品を用意しました。
熨斗紙をかけなくては。と思ったものの、さてどこに売ってるのかしらん。
子どもの頃、家には大小の熨斗紙が揃っていました。
大人になってから、それを使っているのを見たことがありません。

渋谷駅にあるitoyaに行ってみました。
どの棚にも見当たりません。
お店の方にきくと、「レジで扱っております」とのこと。
なんと、1枚単位で売ってくれるではありませんか。
欲しかった小さいサイズを選ぶと、シワにならないよう丁寧に厚紙にはさみ、袋に入れてくれました。
「11円になります」。
こんなに丁寧に扱われ、お店のロゴの入った袋に入れてもらって11円のお買いものなんて、いまどきあるかしら。と思うと、申し訳ないくらいです。
「ありがとうございます」と深々とお辞儀をして帰ってきました。
熨斗紙をかけると、それは立派な結婚お祝いに仕上がりました。
f0173885_2012582.jpg
ラッピングペーパーなど1枚単位で買うと、ギフトそのものに近い値段になったりするのに、たった11円で形の整った贈り物になる。
熨斗をかけるという文化をもっと大切にしていきたいと、感じました。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-04-19 19:47 | しあわせの値段
<< モネから広重へ。 今まで飲んでいたものは何? >>


伊藤素美子
by asconti
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新の記事
Driving Miss D..
at 2015-09-28 23:30
ありがたいお知らせ。
at 2015-09-27 23:30
幸せの黄色いハンカチ。
at 2015-09-16 23:30
繊細なのに、たくましい。
at 2015-09-15 23:30
身につくグランドルール。
at 2015-09-14 23:30
記事ランキング
カテゴリ
全体
元気が出る会議。
心に刺さるプレゼン。
成長のための「禁句」。
伝わるストーリー。
見習いたいひと。
成長の種。
訊く力。
ステキな雑談。
胸キュンサービス
from 映画・読書
しあわせの値段
恥ずかしい自分。
一日一驚
今日の挑戦。
ただいま減量中。
今日も「上機嫌」。
海外でのひとコマ。
シンプルライフ
ヒットの講座。
素美子塾・研修より。
中谷塾
つれづれに
以前の記事
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル