カテゴリ:見習いたいひと。( 25 )
笑顔しか思い出せない。
見習いたいひと。 No.24

仲間が、秋の訪れとともに人生の幕を下ろしてしまいました。
突然のことに、先週まで会っていた私たち以上に、ご自身が驚いているかもしれません。

この数年間、例会だけでなく、ゴルフや海外活動もいっしょに行きました。
思い出されるのは、話しかけてくれるときの笑顔です。
もっといろんな表情も見たはずなのに、笑顔しか思い出せません。
きっとその笑顔が、これからも私を励ましたり慰めたりしてくれるでしょう。
f0173885_14283551.jpg

この世からいなくなっても、誰かの心に自分の笑顔を残せたら素敵です。
私はまだまだです。
修行不足で、いろんな感情が「ダダ漏れ」だとよく笑われます。

その人が残してくれたコツを見つけました。
話しかけるときに、まず笑顔で名前を呼ぶこと。
明日から、私の習慣にしていきたいです。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-09-09 23:30 | 見習いたいひと。
サプライズなお返し。
見習いたいひと。No.23 下玉利 忠さん

心をこめて贈ったものが、形を変え心を添えられて帰ってくるのは、嬉しいものです。
例えば出産お祝いに贈った服を、2歳のお誕生日に着た写真として帰ってくるとか。

下玉利さんは、高校の後輩。
ITの仕事をしながら、ロックバンド「フラワートレイン」のヴォーカルとしても活躍中です。
3年前に、義理で(?ごめん)ライブを見に行き、はまってしまいました。
そこで昨年、バンドのロゴマーク入りのオリジナルピックをプレゼントしました。

そうしたら先日、マスコットキャラクター「フラワン」とセットになったストラップをくれました。
このワンコは、メンバーの方の手作りだそうです。
f0173885_10453945.jpg
ピックでは奏者だけですが、ストラップになったおかげで私も使えます。
ヘヴィなロックと優しいメンバーのギャップもいいです。

「心と手間のかかった贈り物」ができるひとになりたいです。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-09-02 23:30 | 見習いたいひと。
気分が乗らない日が、勝負。
見習いたいひと。No.22 草笛光子さん

女優の草笛光子さんは、81歳。
銀髪がよく似合って、とても美しいです。

あんな大人の女性になりたいと話していたら、
「だったら、彼女の魅力の元を真似しなきゃ」とアドバイスをもらいました。
たしかに。
自伝を読んでみると、70歳を過ぎてから筋トレを始めたとのこと。
その結果として、スタイルを維持し、激しい舞台をこなすこともできるのですね。
ただ、草笛さんでも、今日は気分が乗らないなと思う日があるとのこと。
そんなときは「小さなことでも、積もり積もれば…」と、自分に言い聞かせるのだそうです。

気分が乗らない日に
「やらない人」と、自分を奮い立たせて「やる人」。
これが、30年後の自分を作っていくのだなと思いました。
勝負は、気分が乗らない日。
30年後を楽しみに、「やる人」の道をとっていきます。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-08-16 23:30 | 見習いたいひと。
凄く見せない人ほど、凄い。
見習いたいひと。No.21 湯澤 剛さん

ポジティブサイコロジースクール同期生の湯澤剛さんが本を出版されました。
AMAZONの企業経営部門で1位だそうです。
彼は温くて「社員教育に熱心な経営者」のイメージでした。
まさか、こんな壮絶な体験をしていたなんて。
エラそうに自分の話をしていた私は、本当に恥ずかしい(よくやっちゃうのですが)
彼の講演と本から、
「迷っているときがいちばん危険」ということ、
「覚悟を決めて踏み出すこと」が生み出す、計り知れないパワーを感じました。
自らの体験という素晴らしい宝物を、赤裸々に伝えてくれる湯澤さん。
f0173885_1202856.jpg

普段はその苦労の片鱗も見せない湯澤さんという友人がいることを、誇りに思います。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-08-01 23:34 | 見習いたいひと。
心配より嬉しいひとこと。
見習いたいひと。No.20 ひろ美さん

先日、喉を傷めて声が出なくなってしまいました。
個人レッスンの予約の方には申し訳なかったのですが、お休みさせてもらいました。
延期したレッスンの前に、ひろ美さんにメールをしました。
「ご迷惑をおかけしました。今日はよろしくお願いします」
すると、ひろ美さんから返ってきたのは、こんなメールでした。
「お会いできるのを楽しみにしていました♪こちらこそよろしくお願いします」
晴れやかな気分になり、ゆっくり回復していた体が、一気に元気になりました。

私なら「もう大丈夫ですか」と、つい「病み上がり扱い」をしそうな場面です。
残念なことには敢えて触れずに、プラスのことばをかけることは、こんなにも元気づけてくれるのだと、改めて気づきました。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-04-11 23:54 | 見習いたいひと。
見えなくなってからが勝負。
見習いたいひと。No.19

昨秋、勝浦温泉へ行ったときのことです。
夜は「ホテル浦島」に泊まりました。
ここは、勝浦港から船に乗って(といっても4~5分)ホテルに入ります。
4棟もある大きなホテルです。

翌朝は、帰りの船を待つお客様でごった返していました。
100名ほどお客様を乗せると、船は勝浦港に向かいます。
桟橋にホテルの支配人(?)が立って、船に向かい大きく大きく手を振っていました。
ひたすら手を振り続けている後姿を、次の100人が見ています。
お客様が見えなくなった瞬間、くるりと踵を返す人もいます。
さて、この方はどうやって「お見送り」を終わらせるのだろうと、見ていました。

船が見えなくなって、ゆっくり手を降ろし、ゆっくりと深いお辞儀をされました。
それは美しい「見送り姿」でした。

見送られる人以外の人に見られてもカッコいい、「お見送り」を学んだ瞬間でした。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-04-09 13:22 | 見習いたいひと。
困ってる人に、気づける力。
見習いたいひと。No.18 ロンドンで出会った大人の女性。

ホームステイをしている家から出かけ、West Hampsteadという駅で地下鉄から在来線の列車に乗り換えようとして、地上に出たときでした。
在来線の駅はどちらかなと、見上げた瞬間、見知らぬ女性から「どこに行きたいのですか?」と声をかけられました。
夕方の5時。周りの人は声をかける隙もなく、足早に駅から歩いていきます。

乗り換えの駅までは、歩いて100m。あまり看板もないので、知らなければ簡単に見つからないところでした。
その人は、私が地図を出すでもなく、まだキョロキョロもしていないうちに、「今からあなたが行こうとするところをいっしょに探しましょう」と声をかけてくれたのです。その人は、自分も知らなかったけれど、道行く人に尋ね、私が行く方向を教えてくれました。
見るからに、1分を惜しんで仕事をするキャリアウーマン。
それでも、目の前の外国人が迷うかもしれないと察知し、声をかける。
あまりの観察力と行動力に、私はうまくお礼も言えませんでした。

「この人は、次の瞬間にきっと困るだろう」。
そんな察知力を身につけて、この恩を誰かにお返ししたいものです。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-04-07 23:09 | 見習いたいひと。
注意より、笑顔でお知らせ。
見習いたいひと。No.17
カナリア諸島2015①

カナリア諸島の中でも一番大きい、テネリフェ島に着きました。
レンタカーの窓口へ友人が並びました。
そこへ、車椅子に乗った男性(俳優の沢村一樹さん似のイギリス人)が、
「申し訳ないけど、こちらにいる私たちが先に並んでいるのです」。
離れていて、並んでいるとは気づかず「ああ、これは失礼しました」と友人。
私が驚いたのは、それを伝えたときのその男性の笑顔の爽やかさでした。
言葉がわからなかったら、
「こちらにも美味しいご馳走がありますよ」と伝えているような優しい笑顔です。

誰かの行為を正すとき、つい険しい表情や恐る恐るの表情になりがちです。
言えばわかることは「お知らせ」するだけで充分。
こんな感じのいい伝え方があったかと、改めて感じ入りました。
f0173885_08463103.jpg
テネリフェも、素敵な旅になりそうです。

素美子



[PR]
by asconti | 2015-02-01 23:25 | 見習いたいひと。
生きる姿勢を、見せ続ける。
見習いたいひと。No.16 永崎一則先生

話す力、聴く力を教えてくださった私の師匠です。
温かいメッセージで包まれたお年賀状が、今年はありませんでした。
先生のお年は、89歳。心配しているところへ封書が届きました。
この一年は身体的にたいへんな年だったこと、
今後の不具合を予測し、いろいろなおつきあいの辞退を決断したことが、
丁寧なお礼とともに綴られていました。

多くの方へ送られただろうに、一度は執筆もできなくなった先生なのに、
それは、封筒の宛名も、手紙の文頭の宛名も直筆の手書きでした。
どれだけ時間がかかったでしょう。
五体満足でも年賀状の宛名を印刷している、自分が恥ずかしいです。

いくつになっても、離れていても、あるべき姿を黙って見せ続けてくださる。
先生の最後のお手紙から、残りの一生に大切なことを学びました。

素美子

[PR]
by asconti | 2015-01-16 23:14 | 見習いたいひと。
新幹線での忘れられない一言。
見習いたいひと。NO.15

新幹線に乗って、東京へ向かうときのことです。
後ろの席は、老紳士でした。(パソコンでお仕事中のようでした)
席に着くとき「(リクライニングを)少し倒してもいいですか」と声をかけました。
「あ、はいどうぞ」と言っていただき、倒してから座りました。
立ったまま倒したので、座ってみると中途半端でした。
もう少し倒せばよかったけど、まあいいかと諦めていると、後ろから声がしました。
「もっと倒しはってもええですよ。遠慮せんと、どうぞどうぞ」
満面の笑みに、関西のイントネーション。
その声と笑顔の温かかったこと。

こんな気持ちいい、声のかけ方があるのですね。
次に誰かが訊いてこられたら、私も真似してみます。

素美子


[PR]
by asconti | 2014-11-17 22:52 | 見習いたいひと。


S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新の記事
Driving Miss D..
at 2015-09-28 23:30
ありがたいお知らせ。
at 2015-09-27 23:30
幸せの黄色いハンカチ。
at 2015-09-16 23:30
繊細なのに、たくましい。
at 2015-09-15 23:30
身につくグランドルール。
at 2015-09-14 23:30
記事ランキング
カテゴリ
全体
元気が出る会議。
心に刺さるプレゼン。
成長のための「禁句」。
伝わるストーリー。
見習いたいひと。
成長の種。
訊く力。
ステキな雑談。
胸キュンサービス
from 映画・読書
しあわせの値段
恥ずかしい自分。
一日一驚
今日の挑戦。
ただいま減量中。
今日も「上機嫌」。
海外でのひとコマ。
シンプルライフ
ヒットの講座。
素美子塾・研修より。
中谷塾
つれづれに
以前の記事
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
その他のジャンル