<   2013年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧
「させていただいています」って、誰に?
成長のための禁句。 NO.7 「させていただいています」

自分の仕事について、「◯◯をさせていただいています」と話す人がいます。
「お仕事は何?」という質問に、「企業研修をさせていただいています」など。
丁寧だし、謙虚のようでもあります。
ただ、「させていただく」というのは「誰かに依頼を受けて」「させていただく」もので、自分で選んだ職業に 「させていただく」は、なんかへん。

若い人が、自己紹介で「クリーニング店をさせていただいています」というと、初々しい。
だけど、「クリーニング店をしております」と言ったほうが、堂々とした感じがする。

自分で選んだ職業なのだという自負が感じられて、聞いた人は「任せたい」という気持ちが生まれるのではないでしょうか。

と、ある人にアドバイスをしました。
私などは、「いい歳をした大人」なのだから、むろん「させていただいています」は言うまい。

昨夜、人生の諸先輩が集う趣味の会で、新メンバーとして紹介してもらったときのこと。
「伊藤さんは、経営コンサルタントなの?」「いえ、企業研修をさせていただいています」
ああ、やっちゃった。
大先輩方の前でビビって、小さくなっていたのですね。

言うは易し、行うは難し。
「エラそうに人に言う前に、自分がやれー」と、自分に突っ込みました。

素美子
[PR]
by asconti | 2013-12-17 23:50 | 成長のための「禁句」。
大丈夫じゃない、「大丈夫です」。
成長のための禁句。NO.6「大丈夫です」

質問に対して「大丈夫です」と返ってきて、「あれ?」と思うときがあります。

こんな事例を耳にしました。
①「事務所の皆さんに差し入れを買っていきたいのですが、20個入りで大丈夫でしょうか」
「はいっ、大丈夫です」
②「皆さんの理解を深めるために作成したテキストを、次回使いたいのですが」
「はいっ、大丈夫です」
③「セミナーに申し込みたいのですが、まだ間に合いますか」
「はいっ、大丈夫です」

別の言葉でいえば「OKです」「問題ありません」といったところなのでしょう。
確かに、明るく質問には答えてくれているのだけれど、なんかちょっとちがう。

「ただの質問」には「ただの答」だけでいいけれど、
好意+質問」には「好意+答」がほしいんですね。
こんな感じでどうでしょう。
①「事務所の皆さんに差し入れを買っていきたいのですが、20個入りで大丈夫でしょうか」
「スタッフは18人ですので、充分です。お気遣いありがとうございます」
②「皆さんの理解を深めるために作成したテキストを、次回使いたいのですが」
「ぜひ、お願いします」
③「セミナーに申し込みたいのですが、まだ間に合いますか」
「お申込みありがとうございます。喜んで受け付させていただきます」

大丈夫ですか?と聞かれると、ついその言葉にのって「大丈夫です」と言ってしまいがち。
どんなに丁寧に言っても、「上から目線」であったり、冷たい表現に聞こえたりします。
「大丈夫」は人を気遣う時に使い、自分のことを表現するのには使わないようにしたいものです。


素美子
[PR]
by asconti | 2013-12-11 23:23 | 成長のための「禁句」。
「ご安心ください」の第一声。
見習いたいひと。NO.7 よしみさん

先月タイへ行ったとき、ロータリークラブのメンバー10名とバンコクで合流して、飛行機でウボンラチャタニという町へ行きました。
空港での集合時間は、朝の5時。
慣れないバンコクのタクシーで向かったものの、空港の直前で大渋滞。
あと一歩なのに、なかなかたどり着けません。
集合時間まで5分を切りました。
「自分のせいで、皆さんが飛行機に乗り遅れたらどうしよう」と、真っ青な私。
メンバーの皆さんと同行してくれている、事務局のよしみさんの携帯に電話をしました。
「よしみさん、空港の前まで来ていますが、集合時間に遅れます」と私。
よしみさんから帰ってきた言葉は、「伊藤さん、ご安心ください」でした。
「私たちも、少し遅れています。もう少しでお会いできますから、どうぞ慌てずにチェックインカウンターへお越しください」と続けてくれました。

海外で不安いっぱいのとき、第一声の「ご安心ください」に、私はどれだけ安堵したことか。
私だったら、なんと答えたでしょう。
「何分くらい遅れそうですか?集合場所は、わかっていますか?」
イライラしながら、まず自分が安心するための情報収集にとりかかったはずです。
相手を不安にしたままで。

自分より先に、相手の安心」を大切にしている、彼女の温かさが、心に沁みました。

素美子

f0173885_0272028.jpg
イーサン料理の「鶏の足」。
果敢に取り組む、よしみさんも、カッコいい。
[PR]
by asconti | 2013-12-10 23:19 | 見習いたいひと。
「ちゃんとしろ」では、伝わらない。
成長のための禁句 NO.5「ちゃんとしろ」

「このひと、やる気なさそう」と感じることがあります。
上司なら「ちゃんとしろ」「やる気を出せ」と言いたくなります。
ところが、言われた人は、「ちゃんとやってるのに」と思うのですね。
自分の態度が「やる気がないように見えている」ことが、わかっていないからです。
そのくらい「ちゃんと」は他人に使っても通じない、残念な言葉です。
通じないと、説教は長くなり、これまた悪循環。

大切なのは、一つ一つ、具体的に伝えることです。

そこで、「やる気がない態度にイライラする」と言う上司に、「やる気がない」と感じたのはどんなときか、考えてもらいました。

①0.5秒返事が遅い。
②呼ばれたときに、足を引きずってゆっくり歩いてくる。(小走りにくるのと大違い)
③机に手をついて、だるそうに立ち上がる。
④声がちいさい。
⑤人が話をしているときに、コリをとるように首を回す。
⑥「わかりました」のあと、ため息をつく。
⑦「はーい」「そうなんですー」と無駄に語尾を伸ばす。
⑧背中を丸め、どっかり背もたれにもたれて座っている。
⑨書類を、相手に逆さ向きのまま渡す。
⑩笑ってごまかす。

このように分解して「次からは、素早く返事をして」など、具体的に伝えると、効果てきめんですね。

素美子
[PR]
by asconti | 2013-12-09 23:04 | 成長のための「禁句」。
「いけない」病を卒業して、自由になろう。
成長のための禁句。NO.4 「〇〇しないといけない」。

私  「今の声より1トーン明るい声にすると、いいですね」
受講生「なるほど。暗い声では、いけないですね」
個人指導の初期のときに、よく起こるやりとりです。

「毎日自分がやること」を書いてくださいというと、
・1日最低20分、本を読まないといけない
・メールを開封したら、すぐに返事を書かないといけない
・世の中に遅れないよう、新聞を読まないといけない
となります。

「〇〇するといい」ことも、「〇〇しないといけない」に変換してしまいます。
たしかに私たちは、「してはいけない」「しないといけない」と育てられてきました。
そのために、簡単に「いけない」をつけてしまうのです。
そして、楽しくやろうとしたことも「いけない」をつけたとたんに、義務となり、窮屈に感じる。

というわけで、今日の禁句は「しないといけない」。
言い直す言葉は、「〇〇すると、いい」。
に変えて、のびのびいきましょー。

素美子
[PR]
by asconti | 2013-12-02 23:11 | 成長のための「禁句」。
苦労しているから、若い。
見習いたいひと。NO.6 岸恵子さん

女優の岸恵子さんの言葉を聞いて、カッコよさに惹きつけられました。
「自分は若く見えるのではなく、若いのだ。ひとの100倍も苦労しているから。幸せボケはない。いつも緊張感があって、老けている暇はないんです」。

なーるほど。
「のほほんと生きられたら、どんなにラクか」と思いもするけれど、幸せボケで老けてしまうのね。

とはいうものの、はて、「苦労した分、老ける」とも言うではありませんか。
染めなかったら、半分以上が真っ白という私の白髪も、30代のときに支社立ち上げで苦労して、半年で白くなってしまったもの。
岸恵子さんと、どこが違うのでしょうか。
20年ほど前に、彼女のエッセイを読んだことがあります。
たいへんなことが起きている毎日の話が、痛快そのものでした。
困難に遭遇するたびに、パワーが湧いてくるようです。

「そうか。老けない人は、自分から苦労する道を選んでいるんだ」。
これが私の結論です。

苦労の中には、身に降りかかった苦労に追いかけられる場合と、自分から鋳薔薇の道を選んで進む場合とあります。
仮に降ってわいてきた苦労でも、「来るなら来い」と、腹をくくって正面からぶつかっていく。
その生き方が、「老けている暇はない」になるのではないかと。

ひょっとすると、さらに新しいヒントが隠されているのではないかと期待し、遅ればせながら彼女の著作「わりかたの恋」を読んでみることにしました。

素美子
[PR]
by asconti | 2013-12-01 16:48 | 見習いたいひと。


伊藤素美子
by asconti
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新の記事
Driving Miss D..
at 2015-09-28 23:30
ありがたいお知らせ。
at 2015-09-27 23:30
幸せの黄色いハンカチ。
at 2015-09-16 23:30
繊細なのに、たくましい。
at 2015-09-15 23:30
身につくグランドルール。
at 2015-09-14 23:30
記事ランキング
カテゴリ
全体
元気が出る会議。
心に刺さるプレゼン。
成長のための「禁句」。
伝わるストーリー。
見習いたいひと。
成長の種。
訊く力。
ステキな雑談。
胸キュンサービス
from 映画・読書
しあわせの値段
恥ずかしい自分。
一日一驚
今日の挑戦。
ただいま減量中。
今日も「上機嫌」。
海外でのひとコマ。
シンプルライフ
ヒットの講座。
素美子塾・研修より。
中谷塾
つれづれに
以前の記事
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル