<   2014年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧
ジタバタが、とまらない。
明日から、ミクロネシア連邦チューク諸島の、ジープ島へ行ってきます。
直径34mという、小さな島。
その島に、2泊します。
f0173885_0592176.jpg
こんな島です。

行くと決めてから、
青い海、サンゴ礁、満点の星を夢見て、用意しました。
水中カメラ、マリンシューズ、星をみるためのメガネも作りました。
(最近、視力が0.8になってしまったので)

ああ、なのに。
天気予報は、雷雨と疾風だって。
うそでしょー。
いやいや、そういうときも、また楽しみ方があるではないか。
これは何のチャンス?
と、気持ちを持ちなおそうとするものの、また予報をチェック。
1日に4回更新する予報を、何度も見てしまう。
画面をとじるたびに、「もう見るのはよそう」って思うのに。

ジタバタしてもおんなじなのにねー。
こんなジタバタする自分も受け入れて、旅の準備を始めました。

電気、水道はもちろん、通信もできないので、5日ほどお休みします。
どんな5日間になるやらです。

素美子
[PR]
by asconti | 2014-11-26 23:30 | 恥ずかしい自分。
シャンパンをよく飲む人生を。
今日読んでいた本に、次のような一節がありました。
『シャンパンをよく飲む人生を歩みなさい』。
スコットランドの貴族が言った言葉だそうです。

シャンパンは、お祝いごとには欠かせない飲み物。
だから、たくさんの苦労があっても、たくさんお祝いをする機会の多い人生にしよう。
という意味なのでしょう。

ちょっとカンパイしたいときに、シャンパンを。
抱えていた仕事をやり遂げたとき、念願のものを手にいれたときなど。
上機嫌になることがあったときにシャンパンを抜くという習慣、素敵ですね。
裏返せば、どうでもいいときに抜かないということ。

1本奮発して冷蔵庫にスタンバイさせました。
困難なことにも、どんどんチャレンジしたい。
飲むのは、お祝いできるときまでお預けにします。

まずは、年内に1本飲みたいもの。
さあて、何のご褒美にしましょうか。

素美子
[PR]
by asconti | 2014-11-24 23:03 | from 映画・読書
いざ、伊吹山へ。
といっても、今回は登山ではないのです。
バイクで行きました。
といっても、私は後部座席です。
服装だけは、いっちょまえにライダー気分で。
f0173885_0233288.jpg

頂上付近は見晴らしが最高、裾野のあたりは紅葉が見ごろでした。
f0173885_0235555.jpg


素美子
[PR]
by asconti | 2014-11-23 23:19 | 今日も「上機嫌」。
気持ちよく仕事を受ける。
リーダー研修で、質問がありました。
「部下が気持ちよく仕事を受けてくれないのですが、どうすればいいですか」

どんな感じになるのですかと訊くと、
「私が、ですか」「いま、ですか」と渋々受けるそうです。
ひょっとすると、たくさんの仕事を抱えて、困っているのかもしれません。
もちろん、ただの「甘ったれ」の場合もあります。

リーダーにも、また上司がいます。
その上司からの依頼を気持ちよく受けてますかと訊くと、いつもはできないとのこと。
「自信がないときや、その仕事の重要性がわからないときは、気持ちよく受けられない」という気持ち、わかりますね。

そこで、次の2つを提案しました。
①いま、その仕事に取りかかれる状況か尋ねたうえで、重要性を説く。
②自分が部下の立場のときに「気持ちよく仕事を受ける姿」」を見せ続ける。

「気持ちよく受ける」とは、どんな態度でしょうか。
一拍遅かったり、無表情の「わかりました」という返事では、ダメです。
「よっしゃ!」の気持ちで、間髪入れない爽やかな返事がいいですね。

素美子


[PR]
by asconti | 2014-11-21 23:13 | 成長の種。
古巣で講演。
仲間で続けてきた異業種交流会、青経会も23年。
最近はなかなか出席できずにいました。
今日は、講演をと依頼されて出かけました。
古くからの知り合いの前で話すのは、緊張してしまうのでは。
という心配も話し始めたら、ふっとんでしまい、あっという間に時間が過ぎました。
昔からの仲間の声なきエールに支えられていました。

講演は、自分一人で行うものでなく、参加者全員でその場を作っていくものと改めて感じました。

素美子
[PR]
by asconti | 2014-11-19 23:56 | 成長の種。
新幹線での忘れられない一言。
見習いたいひと。NO.15

新幹線に乗って、東京へ向かうときのことです。
後ろの席は、老紳士でした。(パソコンでお仕事中のようでした)
席に着くとき「(リクライニングを)少し倒してもいいですか」と声をかけました。
「あ、はいどうぞ」と言っていただき、倒してから座りました。
立ったまま倒したので、座ってみると中途半端でした。
もう少し倒せばよかったけど、まあいいかと諦めていると、後ろから声がしました。
「もっと倒しはってもええですよ。遠慮せんと、どうぞどうぞ」
満面の笑みに、関西のイントネーション。
その声と笑顔の温かかったこと。

こんな気持ちいい、声のかけ方があるのですね。
次に誰かが訊いてこられたら、私も真似してみます。

素美子


[PR]
by asconti | 2014-11-17 22:52 | 見習いたいひと。
小さな幸せのありか。
いつもジャケットの襟につけていた、ブローチを落としました。
朝ついていたのに、研修を終えて昼戻ってきたら、なくなっていました。

大慌てで、研修先に電話して探してもらいましたが、ないとのこと。
歩いた道、お昼を食べたレストランも探しに行きましたが、みつかりません。

香港で宝石商をしている友人に作ってもらったものです。
気に入っていた分、ショックが大きいです。
「毎日つけてて、元をとったと諦めよう」と、自分を慰め、とぼとぼ帰ってきました。

そうしたら、自宅前に落ちているではありませんか。
嬉しくて小躍り。
心配してくれたスタッフに「ケーキでもなんでも買ってあげる」。
f0173885_22432399.jpg

考えてみると、朝あったものがあるだけ。
何かが増えたわけでもないのに、寝る時間になってもこの幸せ感は消えませんでした。
昨日までは「あって当たり前」のものだったのに。
当たり前をなくしかけ、手元にもどっただけで、こんなに嬉しいのですね。

失くしたり、失くしかけないうちに、ほかの「当たり前の幸せ」もよく味わいたいものです。

素美子
[PR]
by asconti | 2014-11-16 22:24 | 今日も「上機嫌」。
味わうことに、集中する。
「フランス人は、味わうことに集中する」と、本で読みました。
そりゃあ私も、丁寧に味わっているつもりでしたが。

食事中、食べている素材やソース、ワインの話などを楽しむというのは、おしゃれですね。
私など、友人といると、一口目は「おいしーい」と感激し、すぐ違う話題になってしまいます。
家で自分ひとりのときは、もっとひどいです。
まったり食べるだけは時間がもったいない気がするのです。
食べながらニュースを見たり、新聞のコラムを読んだり。
それが効率的で良い「ひとり食事時間の過ごし方」だと思っていました。
けれど、ニュースに見入って、機械的に口に運んで終わりになることもあります。

このさい、きちんとお皿に盛りつけて、テレビも新聞もなし、集中して食べることにしました。
なんと、いつもの量を食べないうちに、おなかいっぱいになりました。
幸せな満腹感です。
また、微妙な味付けや、素材の質の違いにも気づけるようになったのです。
敏感になった分だけ、料理も丁寧になります。
今までいかに残念な食べ方をしてきたのでしょう。

味わい方を丁寧にすることで、暮らし方も丁寧になりそうです。

素美子
[PR]
by asconti | 2014-11-15 23:57 | 成長の種。
2回続けて休まない。
昨夜は少し風邪気味で、ブログをお休みして寝ました。
今夜もちょっとしんどいなあって思っていたのです。

気長に読んでくださってる方は、もうご存知のこと。
私は、ときどき書くということはできないのです。
毎日ならずっと毎日。いったん休むと一か月、半年と休んでしまう(自分に言い訳しつつ)

先日、「何かを続けたければ、2回続けて休まないのがコツだよ」と教えてもらいました。
ああ、こういうことか。1回目の休みは片足ついただけ。2回休むと両足が止まってしまう。
ストンと腑に落ちました。
今日書かなかったら、明日も休みそうだし、今日書けば、明日も書ける気がする。
休んだ次の日が踏ん張りどころということ。
休みたくなった日より、休んだ次の日が勝負。

昨日ブログをお休みして、今日復活。
今日お休みしたダイエットは、明日復活します。

素美子
[PR]
by asconti | 2014-11-13 23:48 | 成長の種。
「していただき」を減らす。
人に何かをしてもらったとき、
「~していただき、ありがとうございます」
と言います。
もちろん、間違っていません。
ただ気をつけないと、何度もこのフレーズを重ねて使ってしまいます。
私が尊敬する方から、お礼メールをいただきました。
「喜んでいただけて、嬉しいです」→「喜んでくださって、嬉しいです」
「ご紹介いただき、ありがとうございます」→「ご紹介くださり、ありがとうございます」
と、よく「~していただき」と使われるところを「してくださり」とありました。

「していただいた私」を主語にせず、「してくださったあなた」を主語にすることで、相手への印象がぐっとよくなることを実感しました。

この気遣いが大人の気遣いなのですね。
もちろん、「していただく」を禁句にする必要はないのですが、「してくださる」を使いこなしたいです。

素美子
[PR]
by asconti | 2014-11-11 23:52 | 成長の種。


伊藤素美子
by asconti
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
Driving Miss D..
at 2015-09-28 23:30
ありがたいお知らせ。
at 2015-09-27 23:30
幸せの黄色いハンカチ。
at 2015-09-16 23:30
繊細なのに、たくましい。
at 2015-09-15 23:30
身につくグランドルール。
at 2015-09-14 23:30
記事ランキング
カテゴリ
全体
元気が出る会議。
心に刺さるプレゼン。
成長のための「禁句」。
伝わるストーリー。
見習いたいひと。
成長の種。
訊く力。
ステキな雑談。
胸キュンサービス
from 映画・読書
しあわせの値段
恥ずかしい自分。
一日一驚
今日の挑戦。
ただいま減量中。
今日も「上機嫌」。
海外でのひとコマ。
シンプルライフ
ヒットの講座。
素美子塾・研修より。
中谷塾
つれづれに
以前の記事
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
その他のジャンル