<   2015年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ギャップが、かっこいい。
ドイツ2015④

街の中心にある、宮殿。
12世紀に栄えたこの街の歴史的な建物です。
建物上部には、女神と四島馬車が。
f0173885_190652.jpg

入ってみて、びっくり。
中は、大きなショッピングモールでした。
f0173885_191378.jpg

外からは、かけらも感じさせないところがおしゃれですね。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-01-28 23:46 | 海外でのひとコマ。
誰が主人か。
2015ドイツ③

マダムStritzelといっしょに、白のプードルMonkを連れて、森を散歩しました。
「犬が先にどんどん走っていっても、心配そうに名前を呼んだりしたらダメなのよ。
いつでも探してもらえると思って、勝手な方向へ行くようになってしまうの」
たしかにMonkは、10m進んでは、きちんと待っています。
f0173885_18104571.jpg

リーダーが部下の顔色を伺って仕事の依頼をすることで、部下が勘違いさせてしまうことがあるなと思いました。
また、親切に手助けしすぎることで、却って仇になることも。
ギリシャの経済に関わるドイツの立場の話から、孫の躾まで話題は広がります。
"助けることのできる側に、「甘やかさない、自立させる方向付け」の責任があるよね"
という結論になりました。
f0173885_18163840.jpg
森を歩きながら、どんどん話が深くなっていく。
至福の時間です。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-01-27 23:02 | 海外でのひとコマ。
行きはよいよい、帰りは⁉︎
2015ドイツ②

Haanからデュッセルドルフへ、バスで行ってみました。
無事に着いたものの、帰りの停留所が見つからない!

降りた停留所の反対側にない。
バス停前のお店の人に聞いても、残念ながら知らないって。
雨降る雪道のなか、来た道をもどったり、先まで歩いたり、周辺を探すこと小一時間。見つけた5つの停留所はどれも行き先が違う。
1時間に1本のバスなのに、いつ帰れるのやら。
途方にくれて、最初に降りたバス停へ戻ると、時刻表の下に小さな地図を発見。
そこから50m戻り、右に曲がって20mのところに、目指すバス停がありました。

帰りのバスでは、通り過ぎてしまわないように運転手さんに何度も確認。予定通りのバス停で降りる私を、ルームミラー越しに手を振って送ってくれました。
f0173885_20153791.jpg
無事帰還ー。

素美子

[PR]
by asconti | 2015-01-26 23:06 | 海外でのひとコマ。
何はともあれ、到着。
2015ドイツ①
搭乗直前にパスポートがない!と騒ぎましたが無事見つかり
(カバンの奥に自分で入れてるし)、
成田→デュッセルドルフのフライトはシャワレットまで付いて、
パンに漬けたオリーブオイルが美味しいというと新しいのを2本もくれ、
このままもっと飛んでいていいよと思うくらい快適でした。

f0173885_11170577.jpg
ドイツのホームステイ先 Strizel家につきました。4回目の訪問。
温かい家庭料理です。
f0173885_11193038.jpg
素美子

[PR]
by asconti | 2015-01-25 23:33 | 海外でのひとコマ。
仲間を疲れさせる「疲れた」。
先日の研修で「卒業したい言葉は、どんなのがありますか」と聞きました。
そのなかに、「疲れた」がありました。

人に気遣いしたとき、体を酷使したときに「疲れた」という言葉が出ます。
それは自分自身を元気づけるよりは、疲れを認識し、味わう方向へ行きます。
ため息まじりに言うと、周りの人も疲れます。

「この言葉、なんと言い換えましょうか」の質問に、
「今後は、疲れたと言いたいときに、『がんばったー』と言います」。

これは、いいですね。
自分を褒めて、その疲れを流してくれる言葉ではないでしょうか。
次に疲れるときが、楽しみになりました。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-01-22 23:32 | 成長のための「禁句」。
「そうなんですか」だけ?
120mの展望台から降りるとき、エレベーターガール(と今でも呼んでいいのかしら)の若い女性が、丁寧に話しかけてくれました。
「どちらからですか」
「名古屋からです」
「そうなんですか・・・こちらは初めてですか」
「以前仕事では来たのですけど、こうして観光するのは初めてです」
「そうなんですか・・・何日間ですか・・・・そうなんですか」。

会話を広げるため私も答を膨らませようとするのですが、答えている間、彼女は彼女で一所懸命次の質問を考えているので、この一問一答が120mのあいだ続きました。

夜の街に出て、また同じ質問を受けました。こちらも若い女性です。
「どちらからですか」
「名古屋からです」
「名古屋といえば愛知県。愛を知る県ですね!私はまだLOVEを知らないんですよー。LIKEどまりで。LIKEからLOVEに変わる瞬間って、どこにあるんでしょう」。
話は、そこからどんどん深まっていきました。

質問の答えを拾って、そこから会話をつなげていく。
話を広げず深める、お見本のような会話でした。
質問して「そうなんですか」で終わらない工夫。
普段から、「深めていく会話」の筋トレが必要ですね。

素美子




[PR]
by asconti | 2015-01-19 23:08 | ステキな雑談。
生きる姿勢を、見せ続ける。
見習いたいひと。No.16 永崎一則先生

話す力、聴く力を教えてくださった私の師匠です。
温かいメッセージで包まれたお年賀状が、今年はありませんでした。
先生のお年は、89歳。心配しているところへ封書が届きました。
この一年は身体的にたいへんな年だったこと、
今後の不具合を予測し、いろいろなおつきあいの辞退を決断したことが、
丁寧なお礼とともに綴られていました。

多くの方へ送られただろうに、一度は執筆もできなくなった先生なのに、
それは、封筒の宛名も、手紙の文頭の宛名も直筆の手書きでした。
どれだけ時間がかかったでしょう。
五体満足でも年賀状の宛名を印刷している、自分が恥ずかしいです。

いくつになっても、離れていても、あるべき姿を黙って見せ続けてくださる。
先生の最後のお手紙から、残りの一生に大切なことを学びました。

素美子

[PR]
by asconti | 2015-01-16 23:14 | 見習いたいひと。
反対意見を、とことん聴く。
研修でディベートをやってみました。

テーマは「思い出を残すのは、静止画と動画のどちらがいいか」。

静止画派の意見。
 「時間をとられない」
 「いつでもどこででも見られる」
 「イメージが広がる」など。
動画派の意見。
 「音もいっしょに再現される」
 「もう会えない人の顔といっしょに声が聞ける」
 「赤ちゃんが初めて立ったときなど、動きが伝わる」など。

たくさんの意見や、反論が出ました。
相手グループの意見も真剣に聴き「確かに、確かに」とうなづいています。
討議が終わり、
「反対意見の人を言い負かすのではなく、相手の考えを聴くことから話し合いが進んでいくことがわかった」
「相手の意見を受け入れてから、自分の意見を言うといいことがわかった」
「自分と違う考えをたくさん聞けてよかった」
といった感想が出ました。

相手の話をよく聴きましょうといっても、普段は反対意見はなかなか耳に入りません。
反対意見を聴く大切さを実感できたことで、終了後はみんな爽やかな笑顔になっていました。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-01-14 23:00 | 成長の種。
会議は、持ち寄りパーティ。
営業の定期報告会議で大切なのは、仲間にギフトをすることです。

先日のミーティング研修の「会議の振り返り」で、こんな意見が出ました。
「Tさんの発表で、その製品についてよく理解できたので、今後の営業に活かせそう」
「Oさんの発表のしかたは、写真や地図を使っていてわかりやすかったので、真似したい」
「Sくんの積極的な活動報告を聞き、若手に負けていられないと刺激を受けた」
「Hさんの新規開拓の提案方法は、今までにない新しい切り口なので、取り入れたい」

持ち寄りパーティのように、仲間が喜んでくれる情報、工夫した発表、果敢な活動報告など、何らかのお土産を用意してその場に挑むこと。
そうすることで、会議はテンポもよく、他の人の発表をよく聴き、活気が出ます。
最大のメリットは、会議が終わったとき
「次は自分も、ギフトを持ってこれるようがんばるぞ」というヤル気がみなぎることです。

このような会議になるまでに、1年以上かかりました。
当初は、他人の発表は終わるのを待つだけで、支店長以外は聞いていませんでした。
今では、誰が発表したときでも、必ず仲間から質問やアドバイスの手があがります。
フィードバックが習慣づくことによって、人からの吸収が増え、お返しをしようという気持ちが自分を盛り上げてくれるようになるのですね。

「全員でフィードバック」という小さなルールが、大きな収穫に繋がりました。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-01-13 23:06 | 元気が出る会議。
まだ始まってもいないこと。
f0173885_23305839.jpg
映画「サンバ!」を見ました。
あの「最強のふたり」の監督、主演コンビです。

映画のなかで、7人くらいが1人1人乾杯したいことを言っては皆で乾杯する…というシーンがありました。
恋が、始まりそうな予感のしているヒロインが
「まだ始まってもいないことに」
といって、カンパイのグラスを掲げるシーンが印象に残っています。
「始まってもいないあなたとの恋にカンパイ」と、私には聞こえました。
違う気分のときにこの映画を見たら、また違う解釈になるのかなと思いつつ。

素美子

[PR]
by asconti | 2015-01-09 23:32 | from 映画・読書


伊藤素美子
by asconti
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事
Driving Miss D..
at 2015-09-28 23:30
ありがたいお知らせ。
at 2015-09-27 23:30
幸せの黄色いハンカチ。
at 2015-09-16 23:30
繊細なのに、たくましい。
at 2015-09-15 23:30
身につくグランドルール。
at 2015-09-14 23:30
記事ランキング
カテゴリ
全体
元気が出る会議。
心に刺さるプレゼン。
成長のための「禁句」。
伝わるストーリー。
見習いたいひと。
成長の種。
訊く力。
ステキな雑談。
胸キュンサービス
from 映画・読書
しあわせの値段
恥ずかしい自分。
一日一驚
今日の挑戦。
ただいま減量中。
今日も「上機嫌」。
海外でのひとコマ。
シンプルライフ
ヒットの講座。
素美子塾・研修より。
中谷塾
つれづれに
以前の記事
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
その他のジャンル