<   2015年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧
新しい一歳を重ねる。
54歳の誕生日を迎えました。
憧れの女性から、お祝いのことばをいただきました。
やすらぎのある、楽しく新しい一歳を重ねられますように
なんと味わいのある言葉でしょう。
「新しい一歳」という響きが、好きです。
f0173885_1761090.jpg
どんな新しい一歳を重ねようかと、考えました。
心安らかに、楽しい一日を365日過ごすこと。
そのためには、自分が最も大切にしていることを後回しにしないことです。

1.信念 心の栄養になる書物を寝る前に10分読む。
2.家族 家族との食事を丁寧に味わうこと、離れた家族の声を聞く。
3.健康 栄養・睡眠をとる、ストレッチをする、お風呂はリラックスの時間にする。
4.仕事 次週の研修への作戦タイムを設け、さらに中身を濃くする。
5.友人 たいせつな人と時間を共有する、または心の温まるメッセージを送る。
6.メンテナンス ゆとりある生活ができるよう、「溜めたものを流す」時間をとる。

「習慣の力は、電子レンジではなく、鍋のようなものだ。
とても美味しい料理はつくるが、時間はかかる」Dave Ramsey

私という鍋に一年かけ、この6つが美味しい習慣になるようにしていきます。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-08-30 23:30 | シンプルライフ
香り高いバラ。
今年の5月、花フェスタ記念公園で買った薔薇の苗。
スタッフの家の庭で花をつけたようです。

ここまで育ててくれたことに感謝。
甘酸っぱい、いい香りがします。
f0173885_13451233.jpg
一輪でも、買ってきた花とはまた違う存在感があります。
短い間でも、家族のような。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-08-29 23:30 | シンプルライフ
「悲しい気持ち」の開示。
大好きな方のSNSで「悲しいできごとがありました」という文を読みました。
それを乗り超えるための、ガンジーの言葉とともに。
『束縛があるからこそ、私は飛べるのだ。
悲しみがあるからこそ、私は高く舞い上がれるのだ。
逆境があるからこそ、私は走れるのだ。
涙があるからこそ、私は前に進めるのだ』。

中身まで知らせなくとも、読んだ人に恩恵があります。
①悲しいことがあるのは、自分だけではないと思える。
②同じ心境のときに乗り越える言葉のギフトを受ける。
③今の瞬間に、感謝することができる。

愚痴でなくて、乗り越えた(乗り越えようとする)強さが感じられるからですね。

大人の「悲しみの受け止めかた」を習いました。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-08-28 23:30 | 成長の種。
足で登るご褒美。
海外での一コマ。 No.4 ケルン in ドイツ Oct 2011

ケルン大聖堂に行きました。
狭い狭い、らせん階段でした。
上がっても上がっても、窓1つなく、ただひたすら登るだけ。
f0173885_10225898.jpg
地上144メートルの高さです。
たどりついた展望台から、街を見下ろしました。
前世はこの街に住んでいたのではと思うほど、景色が心に染み入ります。

一緒にいた友人がひとこと、
「自分の足で登ったからじゃない?」。
そういうことか、と納得しました。
ニューヨークの世界貿易センタービルや台北の109は、エレベーターですいっと上がっています。
そんなときは展望台から景色をみても、「ずいぶん高いね」で終わり。
一段一段上がるところに意味があることを知りました。

なにかと近道を探しがちな昨今。
せっかく人生で味わえるものまで、スルッと通り過ぎるのはもったいないですね。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-08-27 23:30 | 海外でのひとコマ。
先を読むサービス。
私がお気に入りのダイニングバー、「CREAM」
レストランのコーナーより、バーにあるテーブルが落ち着きます。
食事をとったあと、そのままお酒を飲みながら話したいときには、うってつけのお店です。
友人をここに連れて行って嬉しいのは、必ず私のゲストを喜ばせてくれることです。

例えば、マスターの嶋崎さんに飲み物のお代わりを頼もうと、声をかけます。
「何にいたしましょうか」。
「さっきと同じ、薄めのジントニックを」と友人が言いました。
次の瞬間、「お待たせいたしました」と、ジントニックをすっと置いて、微笑むのです。
気づかれないよう、後ろ手に持ってきているのです。
違うものを注文したときには、絶対にその素振りが出ません。
手品を見ているようで、同じ料金の飲み物が、うんと値打ちが上がったように感じます。

相手が何をすれば喜んでくれるかを、当たり前のこととして考えていらっしゃる姿に感服します。
ちょっと先を読む⇒さりげなく出す

「さりげなく」が大切なポイントですね。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-08-26 23:30 | 胸キュンサービス
極上の睡眠のために。
お盆の帰省先や、海外旅行など長旅を終えて家に帰ると、「ほっ」とします。
慌ただしい日常を離れたくつろぎの宿でも、やっぱり我が家のベッドにはかないません。

眠りの時間を極上にするため、ちょっとした工夫をしています。
①朝の光をたっぷり浴びる。
②15時以降は、カフェインをとらない。
③16時以降、仮眠やうたたねをしない。
④20時以降に飲み物、食べ物をとらない。
⑤寝る1時間前にお風呂に浸かる。
⑥寝る前にパソコンを使うときは、ブルーライトカットのメガネをかける。
⑦寝る前の読書は、電子書籍でなく紙の本(心が穏やかになるもの)にする。
⑧ラベンダーのアロマを焚く。
⑨アヴェマリア(カッチーニ)を聴く。
⑩パソコン、エアコン、充電器などのデジタルの光を遮断する。

今のところ、朝までぐっすりです。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-08-25 23:30 | シンプルライフ
ストール、また忘れたの?
お気に入りのグッチの白いストール。
なのに、先週の出張で泊まったホテルに忘れてきました。
シワになりそうだったので、出がけにベッドに広げて。
気づいたのは、電車に乗ってからです。
駅に降りて、電話をしました。
ストールは見つかり、宅急便で送る手配済みのスーツケースに入れてもらいました。

その前は、アメリカに行ったとき。
行きの飛行機の中へ忘れました。
すっかり諦め、旅行中は代わりのものを買えないか、探していました。
ところがニューヨークの空港で、帰りのチェックイン時に全日空の方が渡してくれたのです。
さすが、全日空さま。

「こうやって出てきちゃうから、また忘れられるんだよねー」
ストールの嘆きが聞こえます。。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-08-24 23:30 | 恥ずかしい自分。
立ち直りは、3秒で。
バレーボール女子W杯、今夜はロシア戦でした。
フルセットの末日本が負けたものの、両方の力が出し尽くされた、いい試合でした。

得点が決まった途端、テレビカメラは、両チームのメンバーの顔を映し出します。
きわどい勝負のとき、メンバーの表情で結果を推測するのですが、これがなかなか。
初めに映るチームは弾ける笑顔、続いてもう一つのチームも満面の笑顔なのです。
点をとられた側のチームは、3秒後には次を見据え、笑顔に変わっていたのでした。
この切り替えの速さ。
確かに、試合はどんどん展開していくので、いちい得点も失点も味わっていられません。
どのスポーツも同じのはずだけど、バレーボールの切り替えは特別早く感じました。

日常のゲゲッという瞬間に、「3秒後は、前に向かって笑顔」の切替力を、ぜひ見習いたいです。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-08-23 23:30 | 成長の種。
見かけでは、わからない。
海外での一コマ。No.4 チェファル in イタリア Jun 2013

シチリア島の友人宅にステイしていたある日のことです。
仕事に出かけた友人と、チェファルの街で合流することになりました。
私は、パレルモからチェファルまで電車でプチ一人旅。ちょっと冒険です。
お昼に近かったので、ピザを一切れ買って、乗り込みました。
チェファルは、映画「ニューシネマパラダイス」の舞台になった街で、観光客にも人気です。
電車は満席。先頭車から探し、たった一席空いていたところを見つけました。
ただ、向かいに座っているサングラスの男性が怖くて、買ったピザが出せません。
何しろ、シチリアはマフィア発祥の地。
友人が、このマフィアの地で女性が建築家は続けにくいと、職替えをしたくらいです。
電車が動き始めると、その男性が小さな紙袋をゴソゴソ。
じっと見ていた私に、彼は袋からパンを取り出して「食べる?」。
ありゃりゃ、怖い人じゃないの?
シチリア→マフィア→サングラス→怖いって、連想してたんですけど。
「あ、私も持っているので」お礼をいって、ピザを取り出しました。
そこからは会話を楽しみ、チェファルまでの小一時間はあっという間でした。
サングラスをはずして、笑った写真をとってみたら、ぜーんぜんふつーの人じゃんね。
f0173885_2352956.jpg
むしろ自分のビビリ加減に呆れた一件でした。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-08-20 23:30 | 海外でのひとコマ。
トウモロコシご飯。
先日の同窓会で、友人に教えてもらった「とうもろこしご飯」を炊きました。

「すっごく簡単だけど、おいしいの」と教えてくれたとおり。
トウモロコシの実をはずし、芯もだしにいれて、炊き込むだけ。
シンプルなのに、家では大好評でした。
f0173885_23295845.jpg
ご飯ものの、新作は何年ぶりでしょう。
気をよくして、この秋はご飯ものにトライしていきます。

素美子
[PR]
by asconti | 2015-08-19 23:30 | 今日の挑戦。


伊藤素美子
by asconti
最新の記事
Driving Miss D..
at 2015-09-28 23:30
ありがたいお知らせ。
at 2015-09-27 23:30
幸せの黄色いハンカチ。
at 2015-09-16 23:30
繊細なのに、たくましい。
at 2015-09-15 23:30
身につくグランドルール。
at 2015-09-14 23:30
記事ランキング
カテゴリ
全体
元気が出る会議。
心に刺さるプレゼン。
成長のための「禁句」。
伝わるストーリー。
見習いたいひと。
成長の種。
訊く力。
ステキな雑談。
胸キュンサービス
from 映画・読書
しあわせの値段
恥ずかしい自分。
一日一驚
今日の挑戦。
ただいま減量中。
今日も「上機嫌」。
海外でのひとコマ。
シンプルライフ
ヒットの講座。
素美子塾・研修より。
中谷塾
つれづれに
以前の記事
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
検索
その他のジャンル